ヘモグロビンA1Cで健康管理を

ヘモグロビンA1Cとは、血液中のヘモグロビンにブドウ糖がむすびついたもので、血液検査で知ることができます。血糖値とともに、糖尿病の指標として使われています。血糖値は直近の食事の影響を受けるため食後は高く出ますが、ヘモグロビンA1Cは過去1~2か月の血糖コントロールの状態を示すものですので、検査時に空腹である必要はありません。検査結果を活用して、食事を改善するなどして、健康な生活を維持していきましょう。

↑PAGE TOP